<< ドニちゃん新記録、ほかニュース特遅便 | ベルガモこがも日記 TOP | ローマ戦よそスタよ♪ >>

あれ!大一番がくほほな結果に!つーか、やっと勝点がゼロより多くなった


lulu
やっぱかわゆい、この猫。マジな瞳が。ベルガモ新聞 我が家のネコ自慢から。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

36a Atalanta 3-2 Livorno

ホームで二点先制して楽勝な気分でいたらきっちり追いつかれてバカじゃない?パターンが他に少なくとも一回はあったよね、とよけいなことを思い出しました。

atalanta-livorno doni普通の動画はこんなとこ Atalanta Livorno 3-2 Serie A 4/5/2008 。プロヴィンちゃん同士、動きがあって好きなタイプの流れです。と、勝ったからいえるんだけど。

前半はどちらもチャンスはあれど決まらず、何度か身もだえ。
後半、多分ベッリーニからの放り込みにドニちゃんが追いつき、アメリアを絶妙にかわすパッロネット。これが58ゴール記念の得点になりました。フェレイラ・ピントの二点目はいつになくボールを持ちつづけ、何を一人でもさもさしてんのさと思えばそのままシュート。アメリアが触っているので、マウスまで転がりこめてラッキーでした。

ここからが本番ですよ、リヴォルノにしたら。
ベルガモを離れて以降、それなりに成長してきた様子のロッシーニのヘディング→フィリッピーニ→弾かれたところをさらにロッシーニ。今季三点目だそうで。古巣での得点にあくまでも表情を変えないあたり、少し大人になったような。もういいおっさんなんだけどね。ひげ面で。
ううむ。でもあと一点なら持ちこたえられるよね。ね。との甘い期待はあっさり裏切られ、パヴァンのシャープなヘディングが斜めに刺さって南無。おそらくこの辺りでクルヴァの怒号も絶好調、クラブに無駄な罰金を払わせることになった発炎筒が投げ込まれる情景が容易に浮かびます。

atalanta-livorno padoin時間ぎりぎりのコッポラ→パドインのパッロネットには「たいへんよくできました」の桜のハンコをバンと押してあげます。この緊迫した場面でまっしぐらーな背中に生一本さが現れててよかった。ヴィチェンツアに修業に行かせてた甲斐があったわ。チームの苦境にあってこがもたちが何かやってくれると、はぁ〜大事に育ててきてよかったにゃ、と思うんだよね、しみじみと。
そして今節最大の謎、パドインがほろっときたのは、これでベルガマスキを狂乱させずにすむと悟って感極まったからか、あるいはリヴォルノのおっかないおじさんたちに囲まれてどつきまわされた恐怖からなのか。真実はどこにあるのか、のどから手が出そうなほど知りたくて知りたくてたまらないんですけど。
そこんところはベルガマスカ的にも非常に大事なんだから、ロッカールームへの道すがらなんかじゃなくフィールド上でやってもらいたかった。なんつって。
そしてパドインの右手が、本人そんなつもりはぜんぜんないんだろうけど、かもの頭に見えるのは私だけかしら。

必ずあると思っていたロッシー二の写真が更新されず残念。一枚くらいあってもよかったよね、ベルガマスキからあれほど無償の愛情を注がれた選手なんだから。

atalanta-livorno bonaventuraかわりといってはなんですが、こがものボナヴェントゥーラがデビュウ。ドニちゃんアクシデントでマルコーニ、はやむを得ないとしても、さらにボナヴェントゥーラとくるとまたやけくそかと思って少しワナワナしました。
これで、デルネーリさんもより若い子が好きなことが明らかとなりました。来季もその調子でお願いしたいです。

Serie A: le pagelle di Atalanta-Livorno
ごく普通のパジェッレ。こっちのアップダウンをほとんど考慮してない冷静な採点です。
Pagelle nerazzurre
Il giornale di Bergamoのパジェッレ。ドニちゃんに8もつけてるところが身びいきすぎて恥ずかしく、テヘ♪とかいってごまかすしかないでしょう。

MARCATORI: Doni al 12' s.t., Ferreira Pinto al 15' s.t., Rossini al 20' s.t., Pavan al 38' s.t., Padoin al 44' s.t..
ATALANTA (4-4-1-1): Coppola; Rivalta, Talamonti (23' st Pellegrino), Manfredini, Bellini; Ferreira Pinto, Tissone (32' st Bonaventura sv), Guarente, Padoin; Doni (16' st Marconi); Floccari. (Ivan, Belleri, Paolucci, Fissore). All. Del Neri
LIVORNO (3-5-2): Amelia; Grandoni, Pavan, Knezevic; Balleri (22' st Diamanti), Loviso, Bergvold (12' st Pulzetti), A. Filippini, Pasquale; Tavano, Tristan (1' st Rossini). (De Lucia, Filippini, Giannichedda, Melara). All. Orsi.
Arbitro: Tagliavento di Terni.
NOTE: spettatori 6.500. Ammoniti: Pavan, Knezevic, Pasquale e Guarente per gioco falloso, Bellini per fallo di mano. Angoli: 3-2 per il Livorno Recupero: 1' e 4'


JUGEMテーマ:欧州サッカー
| 36a Atalanta 3-2 Livorno | Atalanta partite 2007/08 |
| comments(4) | trackbacks(2) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
得点は決めてるかな?と分かっていましたが、とうとうチーム記録を塗り替えましたか

さすがドニ選手。

彼の好調こそがアタランタを支えてくれているはずです。このままいけば、アタランタの英雄(もはや、いいすぎではないと思います)ともいえますね。


って、あれ?

動画みてると、また突き飛ばしちゃったったんですかね?

| すそ | 2008/05/08 1:10 AM |
>すそさん
58点はAだけでの記録ですから、
Bまで含めるとアタッカンテも泣いて身を引く得点ですね。
来季は少しイエローによる出場停止を減らしてもらいましょう。
無理かな。

パドインのあの突き飛ばしがどつきまわしにつながったようです。
流れで起きちゃった騒動なんでしょうが、
リヴォルノにはお気の毒な結果でした。
| HARUKA | 2008/05/08 11:55 PM |
こんばんは。

今日少し時間があったので、月曜日にコピーしておいたIl nuovo giornale di bergamoを読みましたら、パドインの真相が分かりました。

って、デル・ネーリさんのコメントですけど^^;

試合中にパドインがフィリッピー二に「オマエんとこはB行きじゃ!!」みたいな感じで威嚇をしたようで、それにずっとイライラしていたフィリッピー二が試合終了後、ピッチからアタランタの控え室の入り口までの距離をリヴォルノの選手と集団でパドインにドツいて、パドちんは控え室で泣いちゃったそうです。


別の新聞でフィリッピーニのコメントを見たのですが、彼は彼なりにドツいた理由を語っていて、
「試合中にあんな威嚇をされたら僕もイライラせずにはいられなかった」といってましたが・・・どっちもどっち??


そこに怒れるオッサン、ドーニがいなくてよかったです^^;彼がいたらもっと事は重大になったに違いないと勝手に妄想してみる・・・
| Yumi | 2008/05/10 11:40 PM |
>Yumiさん
おお、読解ありがとうございます。

>オマエんとこはB行きじゃ
その通りといえばその通りよね。
真面目一本やりに見えるパドちんにそんな大胆な挑発ができるとは…感心しました。なんつって。

私はてっきりパドちんのファールを見逃されてジャッジに不満があり、勢いパドちんにからんだものと思っていました。
パドちんの態度もよくなかったんでしょうが、リヴォルノもいきすぎだったんでしょう、大勢だったのは明らかだし。

ドニちゃんがいたらそれを止めにリヴァルタやベッリーニまで加わったりして、えらいことになってたでしょうね〜いやーこわい。
| HARUKA | 2008/05/11 1:14 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bergamokogamo.jugem.jp/trackback/460
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/05/09 1:37 AM |
アバドの「セビリアの理髪師」
このディスクはロッシーニの音楽の美しさ、楽しさを満喫することができる。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2008/05/14 6:41 AM |